スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりぼっちのヨーロッパ鉄道の旅・ケルン編(1)

さて次はいよいよパリから、ドイツのケルンへと向かいます。ケルンには、かの「水曜どうでしょう」のヨーロッパ21ヶ国の旅で大泉さん御一行が訪れた超巨大な大聖堂(The Dom)がある。どうでしょうファンのワタシとしては今回の旅でどうしても見ておきたかったスポットなんである。


20120922_195523.jpg







パリ北駅からベルギーのブリュッセルを経由して目的地ケルンを結ぶのが、タリス高速鉄道:Thalys Highspeed train。全席予約制なので事前にチケットを購入しておく必要がある(インターネットで日本から代理店経由の予約も可能)。ワタシは出発する前日(2012/9/8)にパリ北駅にあるタリスの窓口へ行き、ケルンまでのチケットを買おうとすると、なぜか受付のおばちゃんにフランス語で何やら言われ、窓口の後ろへ回れというような手振りをされてそのまま終わってしまう。

P1010711.jpg



最初、意味がわからなくて「なんだ?後ろで待ってろってことか?でもそれにしちゃ様子が変だしな・・・」と不安になりオロオロしていたら、別の若者2人がタリスの窓口に向かい、同じようにおばちゃんに何か言われた後、タリスの窓口の背後の方へ歩いて行く。おや?と思って若者の後についていくと、その向こう側50m先に「Billets(フランス語で切符)」の文字が!ここか切符売り場は!

P1010710.jpg



窓口のおばちゃんが言ってたのは「ここでは切符を売ってないから、後ろの売り場で買いなさい」ってことだったらしい。今となっては笑い話にもならない勘違いだけど、やっぱり言葉がわからないままうやむやにしちゃうと、こんなポカをやらかしてしまう。ていうか異国の地で言ってることがわからなかったら、わかるまで食い下がって何度でも聴かないとダメ。変なプライドは何の役にも立たないね。反省。


さてそんなこんなで無事チケットを入手。9/9(日) AM8:01パリ北駅発のタリスに乗る。

P1010869.jpg
P1010874.jpg



2等席に乗ったけど、車内は綺麗で、シートの座り心地もなかなかよろし。

P1010875.jpg



いざケルンへ。

P1010879.jpg





AM11:15、約3時間15分でドイツのケルン中央駅に到着。駅構内は広く、両替やキャッシングコーナー、売店、そしてハンバーガーやドーナツ、中華料理、サンドイッチ、カフェなどなどのメシ屋もたくさんあって歩いているだけで結構楽しい。

P1010899.jpg
P1010900.jpg


駅の店で買ったカリーヴルストで昼食。焼いたソーセージにケチャップとカレー粉をかけたモノで、ドイツではおなじみのファーストフードなんだとか。フライドポテト付きで6.5ユーロ(650円)。ソーセージが柔らかくて美味しい。かけてあるカレー粉が少ないので、カレー風味はやや弱め。カリーヴルストに加えて、フライドポテトが予想以上にボリューミーですっかり満腹に。

P1010898.jpg




さて腹ごしらえもしたところで、いよいよ目的のケルン大聖堂へと向かいます!




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

うわー!ロンドンへ、パリへ、それからケルンへ!楽しいなー (^q^)ノ

Re: タイトルなし 

> ほづみ さん

ありがとうございます!あとスイスのローザンヌ、そしてイタリアのローマへも行きましたよ!( ^ω^)

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/703-78346d2f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。