ひとりぼっちのヨーロッパ鉄道の旅・ローマ完結編(1)

20120930_204024.jpg





9/13、フィレンツェから最終目的地のローマに到着!

20121003_203706.jpg








ローマ・テルミニ駅に降り立った時は、「オレ、本当にロンドンからローマにきちゃったよ・・・!」と思わず感動してしまった。そう、思いつきで決めた旅の果てに、思いつきで決めたゴールについにたどり着いたのだ。いやー、なんとかなるもんだねえ。我ながらビックリだ。
この2週間の旅で疲れもかなりたまってきてるけど、残り2日でローマを歩けるだけ歩いて色々見てやろうと決意する。さあ、最後の旅のはじまり!

P1020198.jpg




まずはテルミニ駅からナッツィオナーレ通りをずっと行って、ヴィットリアーノ・エマヌエーレ2世記念堂(名前長いので、以下記念堂と呼ぶ)へ向かう。

20121003_215051.jpg




これまでロンドン、パリ、ケルン、ローザンヌ、フィレンツェとも運良く晴天に恵まれていたけど、この日のローマは曇天模様。雨が降りませんようと祈りながら、ナッツィオナーレ通りをズンズン歩く。赤茶色の古い町並み。

P1020209.jpg




テルミニ駅から徒歩30分ほどで記念堂に到着。ここがローマ観光の中心地で、ここから歩いてさまざまな観光名所に行くことができる。記念堂はいかにもローマらしい白亜の建物で、写真を撮る世界中の観光客で溢れかえっている。

P1020219.jpg



門から記念堂の中に入れるので(無料)、階段を上ってみる。記念堂周辺はロータリーになってるので、車がビュンビュン走っている。なお疲れたなーと思って階段の上に座り込むと、警備のおじさんに笛をピーッ!と吹かれて怒られます(笑)。

P1020220.jpg



で、この記念堂から北へ向かってコルソ通りを行くと、あの有名なパンテオンとトレビの泉があります。

20121003_222809.jpg



コルソ通りから狭めの脇道にそれて行くと、いきなり広場に出てギリシア神殿風の建物:パンテオンがドーンと現れる。かなりの迫力。

P1020236.jpg



パンテオンの内部。天井から照らされた光が大理石の床を照らし、だだっ広いホールの周囲に墓石や彫刻が並ぶ。

P1020247.jpg



パンテオンは今でもミサが行われる聖なる場所なので、短パンやノースリーブ、ミニスカなど肌の露出した服装では入場できない(入口の警備員に止められる)。「えっちなのはいけないと思います!」ってことなんだな。観光名所でもこういう所は厳格なあたり、ヨーロッパはやっぱりキリスト教の国なんだなあと思う。

P1020249.jpg



そしてこちらがトレビの泉。当初のイメージでは、すごい大きい広場の中央にドデーンと泉があるのかと思いきや、実際行ってみると予想以上に狭いスペースの中にあり、そこへ大勢の観光客が泉の前に行ってコインを投げ入れようとギュウギュウ押しあいへしあいしてるから現場はもう大変。ワタシは素直にコイン投げ入れはあきらめました(笑)。

P1020262.jpg
P1020256.jpg




それではまた記念堂に戻って、今度はフォーリ・インペリア-ノ通り方面へ。

20121003_231741.jpg



フォーリ・インペリア-ノ通りは彼方にコロッセオ、そして左右には古代ローマの遺跡:フォロ・ロマーノが見えて、さっきのコルソ通りとは全く違う雰囲気を醸し出している。ローマは近代の町並みと、古代の建築物や遺跡がいたるところにゴチャゴチャ入り混じっていて、適当に歩いているだけでも色んな旧跡にぶつかることができる。これまでに行ったどの街とも違う、積み重ねた歴史の重みがここにはある。ローマは歩いてるだけで、本当に楽しい。

P1020263.jpg
P1020304.jpg



おお。コロッセオ!さすがに現物を間近に見たときは鳥肌が立ちました。

P1020264.jpg



入場チケットを買うのに30分並んで、いざコロッセオの中へ。

P1020284.jpg


あれ、なんか「闘技場」っていうイメージと違う・・・と思ったら、昔はあった闘技場の大理石の床が全部持ち去られちゃって、闘技場の地下室が剥き出しになっているから。この地下室は剣闘士の控え室だったり、ライオンとか猛獣の檻に使われてたんだって。こんな地下室を作る技術を当時のローマ人が持っていたことに驚く。

P1020271.jpg
P1020275.jpg
P1020282.jpg



そして次は古代ローマの遺跡:フォロ・ロマーノへ。コロッセオのチケットと共用なのでそのまま入場。しかし入場した途端、とうとう雨が降り始める。あわてて折りたたみ傘を指し、雨に濡れる遺跡の中をトボトボ歩いていると、文明のはかなさ、兵(つわもの)どもが夢の跡の感がより強く胸に迫ってくる。

P1020306.jpg
P1020310.jpg
P1020309.jpg
P1020334.jpg



・・・なんて感傷にひたっていたら、雨はどんどん強さを増してきて、石畳には濁流が流れ、傘をさしていても体のあちこちがどんどんズブ濡れになっていく。

P1020329.jpg
P1020330.jpg



雨で体が冷えたせいか、ここにきて突然ドッと疲れが押し寄せる。足腰が痛くて立っていられず、屋根のある遺跡の下に座り込んで、しばらくボンヤリとしていた。食欲もなく、ただ眠い。

「早く日本に帰りたいなあ・・・」

やはりはじめてのヨーロッパで、2週間は長すぎたのかもしれない。猛烈なホームシックに駆られながら、雨が少しでも小ぶりになるのを、今はただ待ち続ける。

P1020336.jpg





関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

へー、写真の建造物はどっかで見たことはあるけれど.印象よりもだいぶ大きいんですね。

少し利口になりました

 

うひゃーっ!Σ(・Δ・*ノ)ノ すごい!本物のコロッセオだ!かっこいなー

えぇ、ちょっと?あの彫刻は頭を持っていませんか?

Re: タイトルなし 

> グンタイ さん

ヨーロッパの建物はどれもこれもデカイです。本当に。

Re: タイトルなし 

> ほづみ さん

はい、コロッセオはすごい迫力でした!
頭を持ってる彫像ってどれだろ・・・?

 

下からの写真4...

え 頭を持ったか?(-///-;) あまりにも明白に見えない

Re: タイトルなし 

> ほづみさん

あ、見えた!
手前から2つめの像ですね、すごい!
でもちょっと怖いかも・・・(;´д`)

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/713-2ff4da50