スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『特命戦隊ゴーバスターズ』 Mission35 感想!

2012-10-21 13.24.24



特命戦隊ゴーバスターズ Mission35「タテガミライオー 吼える!」の感想です。





今回はゴーバスターズの新ロボ:タテガミライオーの回!・・・だと思いきや、まさかの"水木一郎"回だったでござる。

アニソン・特ソンの帝王として、今でもバリバリ現役活躍中の水木一郎アニキ。今回はゲストとして天才科学者:葉月博士を演じたけど、どう見ても博士には見えず、ていうかもうそのまんま俺たちの水木アニキだったのが笑える。しかも博士を演じるだけでなく、パワードカスタムへの変身やタテガミライオーの変形ボイス、さらにはタテガミライオーのテーマまで歌い上げるなど、もう最初から最後まであの熱い水木ヴォイスが堪能でき、ファンにはたまらないものがあったものの、朝7:30からの水木アニキ&水木ヴォイスは、朝食に肉汁したたるブ厚いステーキがでてきたがごとくの濃厚さで、少し胸焼けしたのも事実(笑)。とにかく製作スタッフの水木リスペクトが感じられましたな。

2012-10-21 13.22.54
2012-10-21 13.32.34



さて新ロボ、タテガミライオーだけど、やっぱり実際に動く姿を見るとカッコイイ。あの火を噴くライオンの盾は、攻守に優れたかなりのチート兵器だと思うんだが(笑)。そして既に出回っている情報によると、どうやら主力メカであるゴーバスターエースとは合体せず、残りのゴリラ、ラビット、ビート、スタッグとライオーが合体するというのが面白い。もっともゴーバスターエース1体だけがこのままハブられて終わる、ということも無いだろうし、もう1つ、エースを含めた最終形態があってもよさそうだけど。あるいは登場ロボの全合体とかつい期待しちゃうけど、ゴーバスはリアル指向だし、さすがに全合体は無いかな?

2012-10-21 13.28.38
2012-10-21 13.32.07



ライオーを立てるためなのか、今回のエンターさんは終始やられキャラに徹してました。イエローとスタッグの攻撃を受け止めて土煙が舞うシーン(真ん中)はなかなかカッコいい演出。しっかし前々から言ってるけど、エンターを演じてる陳内さんは演技からアクションまで本当によく頑張ってるよなあ。実質ゴーバスの敵役をほとんどこの人が一手に引き受けていて、確かに役者としてはオイシイ役どころなのかもしれないけど、あのユーモラスでありながら冷酷、という難しいエンターのキャラを演じるのはそれなりの実力が無いととても続かないはず。さぞプレッシャーも強いとおもうんだけど、今まで物語をダレさせることなく強い存在感で引っ張ってるんだから、たいしたもんだと思う。

2012-10-21 13.27.53
2012-10-21 13.27.27
2012-10-21 13.31.12



さていまや毎回なにかやらかしてくれるネタキャラになったJ。今回もひとり基地の片隅で葉っぱを振ったり、虫眼鏡でライオーの活躍を覗いてたり、ますます奇行が冴え渡ってるけど大丈夫なのかコイツは(笑)。

2012-10-21 13.25.12
2012-10-21 13.31.44




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/720-31da6e4e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。