『特命戦隊ゴーバスターズ』 Mission37 感想!

2012-11-04 15.11.40



特命戦隊ゴーバスタ-ズ Mission37「黒と白の花嫁」の感想です。






結婚式真っ最中に現れて花嫁の愛を奪い、夫婦崩壊させてしまうというなんともタチの悪いティアラロイドをおびきよせるため、ヨーコは初恋の相手である小学校の担任の先生と結婚式を挙げて・・・というお話。

こういう結婚式ネタってシンケンジャーでもゴーカイジャーでもやってたし、いまや戦隊ものの定番になった感もあるけど、やっぱり結婚式っていうのは子供にもわかりやすいシチュだし、ヒロインの可憐なウェディングドレス姿は大きいお友達もニッコリだし、何より演じる役者さんや現場のスタッフが一番楽しいからなんだろうな。

2012-11-04 15.09.39



しかし実際ヨーコ以上に盛り上がってたのはこのオッサン達(&ウサギ)なわけで(笑)

2012-11-04 15.04.42



まだ子供だと思ってたヨーコに初恋の経験があったことにショックを隠せないリュウジ、クロリン、ウサダの"保護者"トリオ。リュウジだけでなくウサダ達までヒートアップしてアイスノンをつけてる、こういう細かい演出が嬉しい。

2012-11-04 15.06.09



ヨーコの初恋の先生に嫉妬してついつい痛めつけちゃうリュウジさん。他にもフェイクの結婚式とわかっていながら終始ソワソワ落ち着かないなど、今回は終始ダメ兄さんぶりを発揮(笑)。

2012-11-04 15.08.32



クロリンも完全にヨーコの父親になっちゃって、やっぱり新郎の先生にショルダーアタックをかましちゃう(笑)。かつて序盤で「ヴァグラスの侵攻を止めるためなら、私は仲間だって売る!」的なこと言ってた人なのに、いまやすっかりお笑いキャラに・・・。ちなみに新郎の先生を演じたのはコン・テユさんで、「仮面ライダーW(ダブル)」でラスボスの加頭順=ユートピア・ドーパントを演じたヒト。キャラが180°違うから最初気付かなかったよ。

2012-11-04 15.10.01



そしてこのところエンターに押されてあんまり出番がなかったエスケイプ姐さん、今回は久々のメインということで大暴れ。しかも"パパ" メサイアを守るために自らのデータを書き換えてパワーアップ!肌の露出が無くなったのが、ちょいと残念だけど(おい)、デザインはなかなかのカッコいいし、イエローバスターのパワードカスタムにも互角のパワーで対抗できるみたいで、これでまたバトルが盛り上がってくれると嬉しいな。

2012-11-04 15.14.12
2012-11-04 15.15.00



これまで強い者との戦いの刺激を求めてきたエスケイプ。それゆえにヒロムやリュウジとからむことが多かったし、その関係もあくまで人類vsヴァグラスという形式でしかなかったけど、今回のヨーコとエスケイプは敵と味方というよりは、「少女」と「大人の女」の関係性で描かれていた。

愛することが何なのかまだよくわからない白の花嫁:ヨーコと、ひたすら盲信的にパパ:メサイアを愛し自らを犠牲にしてまで尽くそうとする黒の花嫁:エスケイプ。純潔の白と、妄執の黒。メサイアに対するエスケイプの愛情に歪んだものを感じながらも、それでもそこまで愛する存在を持っているエスケイプに、ほのかな憧れを抱いてしまうヨーコ。初恋と思っていた先生は、本当は恋じゃなかったのかもしれない。じゃあ本当の恋って、愛ってなんなんだろうな。そう気づいたヨーコは大人の階段を一歩登ったのだ。最後にマサトがつぶやいたように。

こうして見ると、なかなか含蓄深いハナシだったんだなあ。オレは三十路を超えてなお、本当の愛がよくわかんねえお・・・(´;ω;`)




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/725-b4565861