スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『特命戦隊ゴーバスターズ』 Mission44 感想!

2012-12-30 02



12/23(日)に放映された特命戦隊ゴーバスターズ Mission44「聖夜・使命果たすとき」の感想です。


クリスマス企画ということで軽めのコメディ回かと思いきや、前回でまさかのエンター消滅、そして今回はメガゾードζ(ゼータ)と融合し巨大化したメサイアが人間界に現れ、ゴーバスターズと決戦!というシリアスな展開に。でもヒロム達の両親が亜空間に転送されたのが13年前のクリスマスだったことを考えると、このクリスマスがメサイアとの決戦につながるのは納得。ヒロム達、バディロイド、バスターマシンもボロボロになりながら力を会わせて繰り広げた総力戦はまさにひとつのクライマックスにふさわしい迫力でした。

2012-12-30 03



メガゾードを吸収して巨大化したメサイアさん。確かに図体のデカさはラスボス級。

2012-12-30 04



しかし肝心のご尊顔はというと、どうも悪の親玉というよりはむしろ正義側のロボット、それもどこか間の抜けた感じのマスクだったのがちょっと残念。目がつり上がってないっていうのもあるけど、何より目の中に瞳孔が描かれてるのがイマイチ。瞳孔の有無は感情の有無を表現するキャラの記号の1つで、その考えからいけばメサイアは感情を持ってるから瞳孔があってもいいんだけど・・・カッコ悪くはないけど、もっと悪を強調したデザインのほうがよかったなあ。

2012-12-30 05



そして巨大化したメサイアに飲み込まれ、あえなく消滅しちゃったエスケイプ姐さん。そんな・・・日曜朝の唯一の楽しみが・・・姐さんが・・・・おっぱいが・・・・・。メサイアを欲望のおもむくままに成長させちゃえば、アバターもまたメサイアに取り込まれてしまうのは必然。きっとエンターはそれを見越していて、自分という存在を消されたくなかったからこそ、あえてメサイアの成長を自分の手でコントロールしていたのだろう。このままエスケイプ姐さんが消えて終わるとは思いたくない。何とか復活を・・・もう一度あのおっぱいを・・・おっぱいを・・・おっ・・・ぱ・・・・・(消滅)。

2012-12-30 06



しかしあやうく消滅しかかっていたトコロに、ラストでヒロムの姉、リカさんがサンタコスで登場!うおおおおおお(歓喜)!!

2012-12-30 09



どうですか、このお姿。最高ですか?最高です!
「リカ姉さんは病弱で繊細な芸術家」という設定をもブッチして、「やっぱり吉木りさにはこれだろう!」と肩出し&ミニスカというやたら健康的なセクシーサンタにしちゃったスタッフの気合!僕たちダメな大人へのクリスマスプレゼントなんだね・・・。ていうかリカ姉さん、こうゆうゲストキャラじゃなくて、もっともっと準ヒロインとして本編にからんでほしかったんだけどなー。ヒロムにだけ肉親がいると、他のメンバーとのバランスが悪いからなんだろか?ちょっと残念。

2012-12-30 10



そして安定のJ。このツリー、動くぞっ・・・!

2012-12-30 08



それにしてもメサイアって結局最後までワガママで欲望向きだしな子供みたいなヤツで、どうも悪のカリスマに欠けていて今ひとつ印象の薄いキャラで終わってしまった感は否めない。

やはり最後に残ったのはこの男。エンターとゴーバスターズの、最後の戦いがついに始まる・・・!

2012-12-30 11
関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/739-c43ad8ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。