スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『特命戦隊ゴーバスターズ』 Mission45 感想!

2013-01-06 01



特命戦隊ゴ-バスターズ Mission45「謹賀新年 小さな強敵、再び」の感想です。





年明け一発目ということで正月の挨拶から始まった今回のゴーバスタ-ズは、リュウジとリカ姉さんがまさかのお見合い!?というコメディ回。話数も残り4、5話と少なくなってきた中でこんなコメディ回やって大丈夫なの?とも思いましたが、まあクリスマスでメサイアとの決着も一応ついたし、年明け早々シリアスな展開というのも重いだろうし、ということなんでしょうな。

和服の皆さん。ヨーコちゃんも可愛いけど、ミホさんの着物姿もなかなかイイ・・・。クロリンは中の人が時代劇やってただけあって、さすが似合ってる。そしてJは前回のクリスマスツリーといい、もはやオブジェ扱い(笑)。

2013-01-06 03
2013-01-06 02


変装時の衣装。ヨーコちゃんのケバいロリ服とジンさんのアフロ、目立ちすぎて全然変装になってないトコロがミソ。

2013-01-06 04


そして今回も安定のJ。唇はどう見ても以前にニックが女装したときのモノの流用。ていうかなんで女に変装しようとする(笑)!?

2013-01-06 07


急なお見合いにドギマギのリュウジ兄さん。女性に対するこのアタフタっぷり、彼女いない歴=年齢なのかリュウジ兄さん・・・!兄さんは理系男子だからな・・・その悲しみ、わかる、よくわかるぞ兄さん(迫真)!

2013-01-06 05


そして2週連続で登場のリカ姉さん。2週連続登場ってはじめてじゃないか姉さん?今まで全然登場しなくて、正直存在すら忘れかけていたのに(ひどい)。

2013-01-06 06


今回の敵、オモチロイド。どう見ても以前に登場したケシゴムロイドにコゲあとをつけただけというのが、もう。そもそも周りのオモチと明らかに大きさが違うじゃん(笑)。

2013-01-06 08



で、おハナシの方はどうだったかというと、うーんイマイチ面白くない。ていうか、今回に限らず、下山さん脚本のコメディ回は正直どれもかなりスベってる。単につまらないというよりは、ゴーバスターズの世界観に下山さんの脚本が合ってない、という方が正しいかな。今回それを特に感じたのは、ヒロム達がオモチロイドと戦闘していることを、お見合い中のリュウジに隠すためだけに、ホテルにいる人間を全く避難させずに街中で巨大ロボ戦をしちゃってるトコロ(ヒロムが戦闘中のジンに対して「もっと静かに戦ってくださいよ!」と文句を言ってる)。巨大ロボ戦闘中の音が聞こえてくるような場所だったら、お見合い云々言ってる場合じゃなくて、ホテルにいる人間を即刻全員退避させなきゃ駄目だろ、ゴーバスターズは!

他の戦隊だったら許されたかもしれないけど、ゴーバスタ-ズは「プロの戦闘集団」なんだから、いくらコメディ回でもこういう描写はどうしても違和感を覚えてしまう。物語序盤で巨大ロボ戦による街の被害、そして被災した人々をバスターマシンで救うシ-ンを丹念に描いていた頃と比べると、またずいぶん離れちゃったよなあ。もっともこれについては当初の変革・シリアス路線がイマイチだったので、従来の戦隊路線に戻そうとしたエライ人の意向もあるかもしれんのだが・・・。ただ、メインライターの小林さんと下山さんの、ゴーバスの世界観や各キャラに対するイメージの違いは如実にあるようで、その辺が観ていて残念でならない。

なんか苦言めいたこと書いちゃったけど、ついに次回の戦隊「獣電戦隊キョウリュウジャー」の番宣も始まったし、ゴーバスタ-ズもいよいよ終盤。ここまで来たら最後までおつきあいしますよモチロン!




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/743-ae85571f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。