大阪日本橋『こけし』のカツカレー

2013-01-26 01



大阪日本橋に行くたびに、いつも食べるのが「こけし」のカツカレー卵入り。

昔、私にとってのオタクの師匠ともいうべき先輩がいて、日本橋に来るたびにに連れて行ってくれたのがこの店だった。大通りの堺筋から外れた裏通り歩いていると見えてくる、真っ赤な看板。店名どおり、ディスプレイに数々のこけしや人形が飾られている店内に一瞬たじろいだけど、はじめて食べたカツカレー卵入りは、コクのある甘みとやがてじわじわ辛さがやってくるルウと、サクサクの薄口カツの相性が抜群。たちまち、やみつきになってしまった。そうしていつも師匠とここで腹ごしらえをしてから、ゲーム探偵団やボークスやディスクピアやオタロードに繰り出したものだった。

こけし



師匠とはその後、疎遠になってしまったけど、今でもひとりで日本橋に行くと、このこけしのカツカレーが食べたくなる。恵美須町駅に近づく頃には、こけしのカレーに対するワタシの舌と喉と胃袋の臨戦態勢が整い、完全なカレーモ-ドに突入した状態で、駅を降りるやいなや真っ先にこけしへ向かうようになった。こけしにはカツカレーとかつ丼の2つのメニューがあるけれど、ワタシはいまだかつ丼を食べたことが無く、もっぱらカツカレー一筋である。料理が出てくるのも早く、きびきびとお茶や水をついでくれる店員さんも気持ちが良い。味だけでなく、こういう店の雰囲気も含めて、いつまでも通いたくなる店なのだ。

先日久しぶりに行ったときに、いつものようにカツカレー卵入り大盛を頼んだあと、「オレももう歳だし、さすがに大盛はキツイかもなあ・・・」と腹をさすりさすり不安に思ってたけど、いざカレーが出てきたら10分も経たないうちに食べ尽くしてしまったのだった。師匠、オレまだまだイケるぜ!今ではどこにいるのかもわからない、きっと幸せな家庭を築いているであろう師匠のことを思いつつ、今日もひとり、ゲーム探偵団やボークスやディスクピアやオタロードへ繰り出すのだ。今までも、そしてこれからも。



関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/751-55cb8778