バレンタインだから、『ガルボ』を讃える

2013-02-14 01




きのこたけのこ小枝にポッキー、オレオチョコパイコアラのマーチ、キットカットにアルフォート。

幾多のチョコ菓子を遍歴してきた我が人生、三十路にしてついにたどり着いたマイベストチョコ、それは明治の「ガルボ」である。

手にとると、心を許さないかのような堅さ。口にほうりこみ、歯でかみ締めるとポキリと折れる。さらに噛むとチョコのしみこんだクッキーがシャクシャクと心地よい歯ごたえを生む。「うむ、チョコクッキーの味だな」とシャクシャクし続けていると、不意打ちのように外を包んでいたチョコが溶け出して濃厚な味わいが訪れる。口の中で訪れる至福のひととき。しかしそのひとときはすぐに過ぎ、歯ごたえのあるクッキーがホロホロと崩れ去り、溶けたチョコとともにスッ・・・と消えていく。

後に残るは喪失感。あれだけ口の中でシャクシャクと強い存在感を放ったものが、こんなにあっさり消え去ってしまっていいのか。オレとオマエは、そんな程度の関係だったのか。いや違う。そんなはずはない。男は、心の虚無を振りはらうのように、もう1個ガルボを手に取る・・・・・・。

・・・いや、別にそこまで思いつめて食べてるわけじゃないけど(笑)、それでも仕事で疲れたときは、コンビニでミニパックのガルボを買い、帰り道の途中で星空を見ながらガルボをシャクシャクやってます。この食感と甘さがストレスに効く、ような気がする。今日はバレンタインだから、ガルボのカカオとストロベリーを、白い皿にザッと並べて、ブラックコーヒーと一緒にシャクシャク。良し。万事すべてこれで良し。我はガルボを讃える。



関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

 ガルボ、私も好きです。
 突然、食べたくなってコンビニにフラッとよったりしますw

Re: タイトルなし 

>  キミドリ さん

ガルボおいしいですよね~今日も買ってしまいましたw

スーパーで売ってる箱入りだとついつい食べ過ぎてしまうので、コンビニで売ってる袋の食べきりサイズがちょうどいいのです。

結構新しいお菓子かと思ってたら、誕生が1996年で15年以上の歴史を持っており、それでいていまだフォロワーも類似品もいない孤高の存在。そこがまたガルボの魅力・・・。

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/756-ed596dcb