ブレイブにブチかませ!!(屁を) 『獣電戦隊キョウリュウジャー』 第7話 感想 

2013-03-31 01



獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ7「いかれ!ダイゴのだいピンチ」の感想です。





コピー能力でキョウリュウジャーの偽者を作り出すデーボモンスター:デーボ・ヤキゴンテ。その目的は、偽者に互いの悪口を言い合わせて仲間割れを起こさせるという作戦。子供番組とはいえ、かなりエゲつない精神攻撃。どうでもいいいけど、ドゴルドの刀が七支刀なのが厨二心をくすぐられてグッとくる。もっともこんな刀じゃ普通何も斬れないんだけど(笑)。

2013-03-31 05



偽者に「ギャグが寒い」、「ヘタレ」、「脚が太い」とそれぞれのコンプレックスを突かれ、一瞬即発となるキョウリュウジャー。何を言うんですアミィさん!ワタクシ的には「脚が太い」はむしろ長所です!春麗とか最高ですよね?蹴られたいですよね?踏まれたいですよね?(必死)

2013-03-31 02



そしてキングもまた、イアンの偽者に父の形見を壊された上、憎しみの言葉を投げられる。ショックを受けるキングだが、その怒りはイアンではなく、「イアンが怒る理由がわからない」自分自身にむけられる。どこまでも愚直に仲間を信じ続けるキングによってデーボスの企みが明るみになり、再び仲間の絆が結ばれる。

2013-03-31 03
2013-03-31 04



熱血漢というよりは、とことんポジティブで純真(=バカ)なキング。しかしそのバカさゆえに人々の心を惹きつける。仲間を信じ、自分の思いに正直で、ひたすら前向きなリーダー。まさにカリスマ系のレッドであり、キョウリュウジャーのテーマを一番体現しているキャラでもある(なんかワンピースのルフィをつい思い浮かべてしまう)。キョウリュウジャーを観た時のさわやかな感じは、このキングによるところが多いように思うなー。でもその純真さは、本当の裏切りに出会ったときに誰よりも深く傷ついてしまう両刃の刃でもある。今後の展開でそういうのもあるのかな?いちど暗黒面に落ちてしまうキングというのも見てみたい気がするんだけど・・・(幽遊白書の樹みたいなこと言ってるな)。

img_970684_30402625_3.jpg



そしてついに人間界に現れたデーボス軍のボス、百面神官カオス。自身のパワーだけでなく、ドゴルドたちを陽動にして獣電竜プテラゴードンを奪う知略の持ち主。トリンとははるか昔からのライバルらしく、カオスがトリンに向けて言った「キョウリュウジャーや獣電竜がいなければ貴様は何もできない」という言葉に、悔しさをにじませるトリン。その姿に、何らかの理由でトリンがカオスと戦う力を失っていることが垣間見える。

2013-03-31 12



そんなトリンだけど、巨大ロボ戦のときに獣電池オビラップーのオナラ攻撃を「ブレイブにブチかませ!」とイケメンヴォイスでキョウリュウジャーを煽るところに、トリンて実はただの天然野郎なんじゃないかと思わせてくれる(笑)。

2013-03-31 06
2013-03-31 07



ちなみに冒頭でキングが作った、獣電竜やデーボス軍との関係表でようやく獣電竜とガーディアンズの関係が理解できたワタクシ。とりあえず獣電竜=巨大ロボ、ガーディアンズ=オプション能力と考えればいいんだな。さて、はたして近日登場予定の六人目のキョウリュウジャー、そしてその獣電竜であろうプテラゴードンは、どんな位置づけになるんだろうか?

2013-03-31 11



今週のラッキューロたんコーナー。デーボモンスターを巨大化させるという自分の仕事をきちんとこなすも、ドゴルドに「いいトコロにいたな!」と褒められながら腹を殴られるラッキューロたん。ドゴルドォォォォ!てめえ、オレのラッキューロたんに前回に続き今回も腹パンかますとは!もはや万死に値するレベルだ(#゚Д゚)ゴルァ!!

2013-03-31 10



関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/774-97430a8a

獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ7「いかれ!ダイゴのだいピンチ」 

獣電戦隊キョウリュウジャーの第7話を見ました。 ブレイブ7 いかれ!ダイゴのだいピンチ ガブティラと戦った島に旅のバッグを忘れてきたことに気付いたダイゴは取りに行くこ