スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激辛ペヤングにリベンジ!新兵器「おたすけマヨネーズ」の実力はいかに!?

覚えてますか。この辛くて憎いアンチクショウのことを。

2013-03-30 01





カップ麺の常識を超えた強烈な辛さで、昨年ネットで話題になった「激辛ペヤングソース焼きそば」。

ワタシも好奇心で食べてみたら案の定ヒドイ目に会い、それ以来二度と近づくことはなかったこの一品。しかしコンビニでカップラーメンの棚をふらふら物色してると、この激辛ペヤングのフタに、ふと気になる文字を発見。

2013-03-30 02



"おたすけマヨネーズ"・・・だと!?

マヨネーズが螺旋を描いて、激辛を象徴する黒い炎を撃ち抜かんとするイラストに、私のボンクラ魂もズバンと撃ち抜かれた。おたすけマヨネーズ・・・・・本当に助けてくれるんだな?絶対だな?
よし、前回その激辛に屈した私だが、今度はおたすけマヨネーズの力を借りて、激辛ペヤングにリベンジだ!



家に持ち帰り、カップを開けると、そこには毎度おなじみのペヤングの麺、かやく、ソース、そして例のおたすけマヨネーズ。救いの神にしては地味な包装・・・だがそこにどこかみなぎる自信を感じさせる。「よろしく頼む」という思いを込めて、マヨネーズの袋をしばし揉む。

2013-03-30 04



そしてこれが全ての元凶、激辛ソース。袋に激辛の文字すら無く、「ワタシは普通のソースでござい」と振る舞っているあたりがなんとも不気味。

2013-03-30 03



湯をそそぎ、フタにソ-スとマヨネーズを乗せて温めつつ、3分待つ。徐々に増してくる緊張感。

2013-03-30 05



3分経ったらお湯を捨て、まずソースを入れて混ぜ混ぜ。麺の湯気とともにいかにも辛そうな香りが鼻腔を突く。ソースが混ざったところで、いよいよおたすけマヨネーズを投入。麺に対してマヨの量が少ない気がするのだが、大丈夫なのかコレ。一抹の不安がよぎる。

2013-03-30 06



マヨネーズもしっかり混ぜて、いよいよ実食。いざ勝負!

2013-03-30 07



・・・・・おお、イケる!これなら食えるぞ!

辛いことは確かに辛いのだが、前回のような、食べてるうちに舌がシビれて汗が吹き出して途中でダウンしちゃう辛さじゃない。これなら全然食べられる。さすがにうっすら汗をかいたものの、最後まで一気に食べ尽くしてしまった。これが、おたすけマヨネーズの力!スゲえぜマヨネーズ!!マヨネ-ズたんマジで神!!!






・・・・・・と、ひととおり感動したトコロで、ふと思う。

「これ、マヨネーズの力じゃなくて、実はソースの辛さが下がってんじゃないの?」


さっきまであれだけ神と崇め讃えていた、おたすけマヨネーズに湧いた疑念。マヨネーズの名誉の危機!これは、是が非でも確かめてみなければならない・・・・・。

というわけで、再びコンビニに走り、激辛ペヤングをもう1個購入。さっき買ったときと同じレジのお姉さんが不審な目でボクを見てたけど、そんな目で見るなよ、興奮するじゃないか・・・・・///。

購入した激辛ペヤングをもう一度創り、今度はマヨネーズを入れずに食べてみる。

2013-03-30 08



あれ・・・・・やっぱりそんなに・・・・・辛くない!

マヨネーズ入れたときと比べると、幾分辛いような気もするけど、それでも最後まで食べきれる程度の辛さで、結局マヨ無しでもあっさり完食。しかしこれはどういうことだ。前に食べた時は、絶対もっともっと辛かったように思うんだが・・・。あまりの辛さに苦情が出たので、ソースの辛さを抑えたんだろうか?それとも前からこのくらいの辛さで、ワタシがすごく辛いと勝手に思い込んでただけ?うーむ、辛さっていかんせんその時の体調や主観に大きく左右されるから、はたして何が真実なのか、自分でも判断できない・・・。

一体、おたすけマヨネーズの貢献度はどのくらいなのか、そもそも激辛ペヤングの辛さとはどうだったのか。何だかうやむやのままに終わってしまった今回のリベンジ。はたして真実はどうなのか、ぜひアナタの舌で確かめてみてくださいな。「葛城、真実は、君とともにある・・・・・(バキューン)」。





関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

いくら疑問を感じたからって、同じコンビニにペヤングをもう一つ買いに行くなんて、

あんたバカよ、本当にバカよ…

でしたっけ?

Re: タイトルなし 

> グンタイさん

帰ったら続きをしましょう・・・というわけで本日もまたペヤングを買ってしまいました。太るw

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/775-ab691c9a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。