スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てきたよ!映画館で!『モーニング娘。田中れいな卒業コンサートin武道館』

musumetanakareina23-560x600.jpg



5/21(火)に行われた『モーニング娘。コンサートツアー2013春 ミチシゲ☆イレブンSOUL ~田中れいな卒業記念日~ in 日本武道館』。

田中れいなの最後の卒業公演ということで、これは見逃すわけにはいかない!ということで、武道館のチケットは取れなかったのですが、武道館での卒業公演が、全国の映画館で同時生中継される「ライブビューイング」の方で参戦してきました。











ド平日である5/21(火)当日、会社をこっそり抜け出してそのまま会場の「TOHOシネマズ梅田」へGo!私のハロオタ師匠であるゴシマさんと現地で合流し、ビル8Fにある映画館へ。ロビーの前はコンサート開始を待ちわびる人達ですでにいっぱい。れいなカラーの青Tシャツを着込んだ気合の入ったオタ達をはじめ、会社からスーツ姿で駆けつけた人、カップル、おしゃれな女の子など、普段のコンサートと比べるといかにもガチです!な雰囲気のオタの割合は少なめ。まあ本当にガチな人たちはみんな武道館に行ってるわな(笑)。

梅田の会場はすでにSOLD OUT状態。他の会場も満席のところが多いようで、平日のライブビューイングでここまで人を呼べるってスゴイことだと思う。

2013-05-21 04
2013-05-21 03


17時45分ごろ、前座として新人ユニット:Juice-Juiceが登場し、「五月雨美女、さ乱れる」を披露。前座とはいえ、新人ユニットがいきなり武道館で歌を披露するってスゲえなオイ。しかもそれまでは1000〜2000人程度の会場から、いきなり1万人を相手のライブである。さすがにメンバーも歌う前はかなり緊張している様子だったけど、いざ歌が始まると、気合十分のパフォーマンスを披露。たいしたもんだ。
次のLoVendoЯ(ラベンダー)も2曲披露。ギターの宮澤茉凛(まりん)の「いきなり武道館です〜」のMCに笑う。そりゃ数多のロックバンドが夢見る武道館に、新人バンドがいきなり舞台に立っちゃったんだから、まりんちゃんの戸惑いもよくわかる(笑)。


そしてモーニング娘。が登場。コンサートの模様は、シネマトゥデイの記事や、カラフルハロプロさんの記事を読んでいただくとして、以下、自分が印象に残ったのを箇条書きで。


・ライブビューイングで見たので、メンバーの表情やダンスがよく見えた。今更だけど、いやー、みんな本当に可愛いわ。なんだかんだ言われるけど、やっぱりこの娘たち、アイドルなんだなーと実感した。

・サブリーダー発表。9期からフクちゃん、10期からはるなが任命。フクちゃんは泣き、はるなは( ゚д゚)ポカーン状態。 「いちばん年上の子をサブリーダーにする」というわかりやすさは正解だと思う。これを例えばファンからの人気順とか、事務所の推し順とかで選んじゃうと、メンバーも色々思っちゃうだろうし、ファンからもいろいろ邪推されかれない。「いや、単純に年上だから」なら、そうしたトラブルも防げる。

・相変わらず鞘師ちゃんの歌とダンスはすごい。ヤバイ。半端ない。けれど、「あれっ?この娘こんなにうまかったっけ?」と驚くくらい、他のメンバーの歌とダンスのレベルが上がっているのを感じた。例えばズッキ。まあ確かに体格はちょっと太めだけど(笑)、声量もあり、ダンスもキレッキレの動き。何より常に笑顔で楽しそうなのがイイ。鞘師ちゃんがエースとして注目されてきた間に、他の娘たちもちゃんと成長している。まだ10代の子たちだし、伸びしろはまだまだあるに違いない。

・しかし9期、10期が汗だくで頑張るば頑張るほど、どれだけ動いても汗をかかず、安定した歌声とパフォーマンスを見せつけるサイボーグアイドル、田中れいなの凄さが際立ってくる。やっぱりこの娘もまた、天性のアイドルだ。特に歌う時の、顔の表情や仕草の可愛さ、表現力の高さ!これは道重リーダーにも言える。歌と踊りなら、鞘師ちゃんやだーいしの方がレベルが高いんだろうけど、れいなやさゆみが見せる「表現力」はまだ持ててない。きっと歌とダンスをこなすだけで精一杯で、まだそこまでの余裕は持てないんだろうね。

・今回の卒業公演で一番自分が泣きそうになったのは、実は自分が一番大好きな曲、『みかん』を歌ってくれたとき。前の大阪公演では聴けなかったので、とても嬉しかった。『人間みな好きになれ 人生は1回』などの歌詞は、卒業していくれいなと、これから先へ向かって頑張る9期10期、両方への応援歌だと思う。それにしても、なんで売れなかったんだろう、この曲・・・。今のタイミングで『みかん』が新曲として発表されていたら、もっと盛り上がってたのかなあ・・・。

・終盤、れいなへの花束贈呈。やっぱり、まーちゃんはやってくれました。「私はもう泣かないって決めたんです!」と言いながら、途中でこらえきれなくなって、れいなに抱きつき、泣いちゃうまーちゃん。そしていつまでも、れいなから離れようとしないまーちゃん(笑)。これは感動するなっていう方が無理だYo!しかも、まーちゃんがれいなに抱きついたのがきっかけで、それまで遠慮がちだったれいなもメンバーも、みんなハグできるようになった。このシーン見ただけでも、やっぱりまーちゃんは今の娘。に必要不可欠な存在なのがよくわかる。その持ち前の明るさと自由さで、時に周りを振り回しながらも、メンバー同士の間をつなぐ存在。つんくはどこまでこの才能を見抜いていたんだろう。

・そして、だーいしは「私服がダサイ」ことをれいなに暴露されてしまう(笑)。しかも1万人の目の前で(笑)。だーいし・・・強く生きろ・・・!

・そしてれいなは、ときどき目を潤ませながらも涙を見せず、笑顔で卒業。いかにもれいならしい、笑えて明るい、さわやかな幕切れ。れいながファンへの手紙の中で言っていた、「ツライことや腹立つこともいっぱいあったけど、それ以上に楽しいことがいっぱいあったから、ここまで続けてこれた」という言葉は、まさに全てのアイドル達の思いなのだろう。オレも三十数年の間でしょっちゅう何度も人から怒られてきたけれど、そんな自分とは比べ物にならないくらい、10代、20代のこの娘たちは何度も何度も何度も何度も大人たちから怒られ、悩み、泣いてきたんだろう。そして、だからこそ、舞台の上で、ファンの前で、あれだけ楽しそうに歌い、踊ることができるんだろう。濃密な青春の日々を過ごす彼女たちが、なんだかとても眩しく見えてしまった。自分はもう、二度とその場所へは行けない。



最後に、今回初参加のライブビューイングの感想を。大画面で映像も綺麗だし、なにより音響の迫力がすごくて、なるほど家でDVDを見るよりもずっと臨場感がある。それに映画を観る時と同じように、涼しい場所で座って、ポップコーンをほおばりながらコンサートを楽しめるというのは、これはこれで十分アリ(ビールも飲めるしね)。あとライブビューイングならでは特典として、コンサート開始前と終了後に、メンバーの楽屋裏の様子が生中継されて、これは嬉しかった。開始前の緊張感とメンバー全員の「がんばってーいきまっしょい!」のかけ声、そして終了後のみんなのやりきった笑顔に癒された。不満をいえば、どうしても歌割の多いメンバーや最前線にいるメンバーにカメラが行きがちになるため、自分が見たいメンバーを自由に見れないことくらいかな(One Two Threeのとき、サビのだーいしのダンスが見たかったのに、カメラがだーいしに行ってくれなくて見れなかった・・・)

2013-05-21 01



さあ、これから12期も入ってくる。秋ツアーも決まった。モーニング娘。はこれからどんな進化を見せてくれるのか?あれ、おかしいな。気づけばワタシ、娘。にドハマリしちゃってますよ。どうしてくれるんだ、ゴシマさん。これきっともう、戻れない・・・。




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

THE LAST OF TANASATAN 

こんばんはウツロメさん、NHRです。
5月21日武道館に行きました。
まず、いきなり失敗してしまいました、それは都合があってJUICE=JUICEのオープニングアクトが見れなかったことです。
開演少し前になんとか着いて座席へ向かいます、席はアリーナA1エリアです。
広島公演に続いてかなり左に偏った場所で見ることになりました。
スタンドにはベリや℃、スマのメンバーと娘。の元メンの一部が来られていました、その中で吉澤ひとみを確認した後開演です。
まずLoVendoЯですが、まりんちゃんがかなり上手くなっていました、おそらくそうとう練習したのでしょうこれならLoVendoЯの将来にもかなり期待が持てます。
そして娘。の登場です、新曲、最近の曲披露の後、フクちゃん、はうたんのサブリーダー就任を入れてからプラチナ期の曲のメドレー、通常のツアーとは違う選曲に私も満足です。
そのあと最近の曲に戻り、また過去曲メドレーこれもれいなにとって深くかかわりのある曲が多かったです。
今回はアリーナのかなり左側で見たことで近くに来るメンバーが偏っていましたが特にズッキとくどぅー、優樹ちゃん、フクちゃんが近くに来ることが多く特にフクちゃんは曲によっては色っぽさがかなり出ており優樹ちゃんのいうフクヌラさんになっていました、中でも圧巻は終盤のステージに寝そべるところです、私はフクちゃんが近くに来るとまさに釘付けになっていました。(笑)
その後アンコールでれいなの手紙読みあげ、送り出すメンバーの送辞ですがこのときは席の都合で見づらかったです。
しかし、れいなのだーいしに対する服がださい発言は「さすがれいな、卒業式でも容赦がないな」と思いました。
また、テープや紙吹雪の発射がありましたが私は1つも取れませんでした。
最後はダブルアンコールでシャボン玉、観客の方々が「れいな最高」「娘。最高」「さゆみ最高」コールをした後に事実上の終了、最後までれいなのための卒業式だったと思います。
思えば、娘。の卒業式は卒業するメンバーの性格がもろに出ます、愛ちゃんのときはしんみりとした感じで、ガキさんのときは陽気な感じ、れいなのときはLoVendoЯで音楽活動を続けることもあって陽気で躍動感のある感じになりました。
また、これはおまけですが公演終了後、私が速攻DVDの申し込み場所にいた時近くを黒塗りの高級車が通りました、なんとその車のなかに元娘。6期メンバー亀井絵里さんが乗っておられました、亀井さんはその場所を通るとき観客の方々に手を振ってくれました、私は最後に思わぬ拾いものをした気分になりました。
総括としてれいな10年間の集大成としてふさわしい卒コンでした、公演中印象に残ったメンバーは前述のフクちゃんの他に、歌、ダンスとも申し分ない上にこの公演では色気まで加わってきたりほりほ、声に安定感が増してきたおださくとズッキ、そして歌、ダンスともに成長の著しいこの卒コンでのもう一人の主役優樹ちゃん、最後にリーダーとしてれいなを見送り、相変わらず表現力はすごいさゆです。
前にも書いたとは思いますが、りほりほは確かにすごいけど他のメンバーの成長も著しくエースの座を虎視眈々と狙っているからこそ娘。は強いのだと思います。
そして、私は東京駅に向かい「サンライズ出雲」のB寝台個室ソロに乗り倉敷への帰途につきました。


Re: THE LAST OF TANASATAN 

> NHRさん

武道館おつかれさまでした。間に合ってよかったですね。
ワタシのいた映画館でも遅れて駆けつけたスーツ姿のサラリーマンも多くいました。
だって平日ですもんね(笑) 無理もないです。
ライブビューイングもすごく楽しめましたが、ラストで肩組んで歌ってる楽しそうなファン達を見てる、やっぱり会場で見たかったーとも思いました。(笑)

れいなの手紙&花束贈呈は、笑いあり涙ありで、れいならしい楽しい卒業式でしたね。
ときどき瞳をうるませながらも最後まで泣かずに、モーニング娘。の田中れいなとして、笑顔で舞台を去った彼女はまさにプロフェッショナルでした。お見事。

会場には6期メンバーやベリーズ工房のメンバーなども来てたそうですね。
ハロプロど新参のワタシにとって、亀井絵里さんはなんだかプラチナ期の伝説の人という感じです。実際に姿を観れたとはうらやましいです。
あとまーちゃんがれいなに抱きついて泣きじゃくったとき、最前列で見てたベリーズのメンバー達が「かわいい〜」と叫んでしまったというハナシを聞いてホッコリしました(´ω`)

まだれいな卒業の余韻から抜け出せてないのですが、メンバーやスタッフたちはもう次のステップを踏み出し始めてることでしょう。NHRさんの言うとおり、各メンバーの成長が本当にすごくて、10代という若さの無限の可能性を感じてしまいます。もちろんその裏には壮絶な努力があるのでしょうが、あんな初々しかった子たちが、どんどん「アイドル」になっていくその姿がとても眩しいです。記事で表現力が足りないなんて偉そうなこと書いちゃいましたが、フクちゃんはもちろん、みんなどんどん自分の個性を出し始めているので、すぐに何の問題も無くなるでしょう。

秋ツアーも決まりましたし、12期も来るし、新時代の幕開けはこれからですね。楽しみです。


色々 

こんばんわウツロメさん、NHRです。
私のコメへの返信ありがとうございます。
今ハロプロでは大変なことが起きています、あの矢口さんの件です。(矢口さんは現在ハロメンではありませんが。)
そのためこの件でハロプロのイメージが悪くなったのは事実です。
しかし、今の娘。メンにはこのような逆境を跳ね返すだけのたくましさを持っているような気がします。
それに娘。は16年も続いているユニットです今までも数々の困難や逆境がありました、この逆境も現役娘。メンは乗り越えていくことでしょう。
娘。メンのさらなる活躍に期待したいと思います。
最後に昨日℃-uteの6月16日大阪コン(昼)のチケットが届きました、今からたいへん楽しみです。

Re: 色々 

> NHRさん

いつもコメントありがとうございます。

矢口さん、やっちゃいましたねー(笑)
でもこれまでもモーニング娘。OGは色々やらかしてくれてましたし(笑)、
それでもここまで続けてこられたのだから、今回の件も何も心配いらないと思います。
今の娘。は、道重リーダーと鞘師ちゃんを筆頭に、もう次のステージを目指して頑張ってるでしょう。
℃-uteのコンサート、いよいよですね。ベリーズもスマイレージも、勢いづいてきてるし、今後が楽しみです。



トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/789-497d36bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。