ズッ友だょ!ゼツメイツ! 獣電戦隊キョウリュウジャー 第17回 感想

2013060901.jpg




獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ17「ガチだぜ!キョウリュウグレー」の感想です。





キョウリュウグレー:鉄砕が登場。

色がグレーの戦隊てなぁ珍しい、ていうか、何もそんな目立たない中途半端な色を選ばんでも・・・と初見時はついつい苦笑していたのだが、「陰と陽、人間の光と影の色を混ぜてグレー!」とキッパリ言い放ったとき、「こっ、これは深い!人間の永遠の哲学的命題を色で体現されるとは!しかも子供番組で!鉄砕さんマジかっけー!」と、グレー色を笑ったことを深く反省、するとともに、「何事もモノは言い様」という、人生の処世術までをも垣間見て、何事もパッとしない己の人生について沈思黙考した日曜の朝のワタクシです。嘘だけど。

強敵デーボ・ナガレボーシに勝つ力をキュリュウジャーに身につけさせるため、「魂の武闘殿」の試練を与えるキョウリュウグレー。メンバーがガーディアンズの能力で自分の長所を封じられながらも奮闘。オビラップーのオナラ攻撃に見舞われたイアンには若干同情を禁じえないのだけど、全員、意外にあっさりと試練を乗り越えてしまう。

2013060902.jpg
2013060903.jpg



「あれ、もう修行シーンは終わりかい?いくら尺の都合とはいえ、これじゃ修行して強くなったってカンジが全然伝わってこないじゃないか。このまま強敵倒して新ロボ出してハッピーエンドかよー。今回の脚本はイマイチだなあ〜」と、オマエ何様だ的な、まことにイヤラシイ上から目線で苦笑していたら、一番簡単に試練をクリアしたはずのキョウリュウレッド、キングただ一人だけが、デーボ・ナガレボーシに全く歯が立たないという、まさかの展開に「えっ!?」となる。

2013060904.jpg



「弱さがないオマエは、これ以上強くなることはできない!オマエはキョウリュウジャー失格だ!」とキョウリュウグレーに突き放され、失意のドン底に叩き落とされるキング、そして次回へ続く・・・・・試練のシーンがえらく淡白だったのは、このラストへの布石だったわけか。誰だ、今回の脚本はイマイチだなんて言った奴は!オレや(土下座)!
強くなるには、自分の弱さを認めければならない・・・・・これはまた深いテーマである。しかし思えば、キングってこれまでずっと完璧超人みたいなイメージだったけど、一方で別れた父親のこと以外の、プライベートな部分は全然語られてこなかった。キングって、実は自分の弱さを心の底に押し隠し、目をそらして生きてきた奴なのかもしれない(このへん、仮面ライダーオーズの映司を彷彿とさせる)。次回はその、キングの"陰の部分"にスポットがあたっていくんだろうか。

2013060905.jpg



デーボ・ヒョーガッキ、デーボ・ウィルスン、そして今回のデーボ・ナガレボーシ、かつて恐竜を絶命させた仲良し3人組、その名も「ゼツメイツ」!どう見てもマンガ「ゆるめいつ」からインスパイアされたとしか思えない、この絶妙な名前が妙にツボに入った。キャンデリラさんと一緒にユニット組めばいいのに(笑)。

2013060906.jpg
2013060907.jpg




そしてお待ちかね、今週のラッキューロたんコーナー・・・って、今回はトータルでも10秒足らずの登場のみ!
たっ、足りねえ!ラッキューロたん成分が足りねえ!
全然足りねえんダヨォォォォォォ(絶叫)!


ああもっと顔が見たいよ会いたいよprprしたいよラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッキューロたんラッ

2013060909.jpg




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/793-48a50209