スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不憫だからこそ、オレはスマイレージを聴く

2013072301.jpg





スマイレージにハマりかけております。

モーニング娘。や℃-uteが在籍するハロープロジェクトの新世代ユニットとして2009年に結成されたスマイレージ。事務所からも猛プッシュされて、一時はももクロのライバルとも言われる勢いだったにも関わらず、通称「焼肉事件」と呼ばれる未だによくわからんスキャンダルに巻き込まれて失速。その後、第二期の新規メンバーが加入して心機一転を図るも、その矢先に一番人気のメンバーが突如脱退し、人気は急降下。

プロデューサーのつんく♂に「おまえら売れてへんねんぞ!」と叱られ、ファンからは「第1期のメンバーが一番よかった」と現メンを否定され続け、かつてのライバルだったももクロは今や遥か彼方。そんな不遇な境遇に追い込まれながらも、残された6人のメンバーは地道に歌とダンスのレベルを上げ、握手会やイベントをこなし、最近ようやくCDの売上もじわじわと上昇傾向。ワタシもMVのインパクトに負けて、先日とうとう新作の「ヤッタルチャン/新しい私になれ」を買っちゃいましたよ、ええ。

そんな徐々にイイ風が吹いてきてるにも関わらず、肝心のメンバーはネガティブだったり、あれこれ悩んだり、一言多くてファンの神経を逆撫でしたり、そもそもやる気があるのかないのかわからなかったりな有様。「スマイレージ」なのに、メンバーからいまひとつスマイルさを感じられないそのギャップに、アイドル稼業の生々しさ、10代の女の子のリアルさが垣間見えたりして、ちょっと面白い。

スマイレージの七夕の願い事の悲壮感がシャレにならない件… 中西「二期メンバーもスマイレージとして認められますように」 福田「年末はスケジュールが埋まりますように」和田「スマイレージが良くなりますように」(カラフル×ハロプロ)


そんなスマイレージの2ndアルバム「スマイルセンセーション」を買ってみたのですが、これが予想以上の名曲オンパレード! 個人的には、ももいろクローバーZの1stアルバム「バトルアンドロマンス」に匹敵する名盤とさえ思っていて、最近のヘビロテになってます。ワタシにとっては、そのアイドルがどんなに可愛いかろうが、歌ってる楽曲が良くないとどうもハマれないたちで、そういう意味ではこれだけの曲を今なおプロデュースしてくるつんく♂ってば、何だかんだでやっぱすごいよなーと感心します。メンバーみんな歌も上手いし、トップアイドルは無理だとしても、せめてもうちょっとスマイレージが売れてほしいなあと願っているのですが、果たして。




『好きよ、純情反抗期』と『夕暮れ 恋の時間』がお気に入り。




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/810-5cf4b0e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。