スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居合斬りのカッコよさは異常。 そう、居合は男のロマン!

20130727_172816.jpg






居合斬り、抜刀術。
刀をむやみに振り回さず、神速の抜刀で相手を仕留める一撃必殺の戦闘術。

時代劇をはじめ、漫画、アニメ、ゲームなどなど、古くからさまざまな居合の使い手が登場するほどに人気のモチーフでありますが、御多分に漏れず、ワタシもこの居合キャラにはメッチャ弱いです。なんででしょうね?

やはり一撃必殺のストイックさと申しますか、じりじりと迫る敵の気配を感じつつ、相手が間合いに入るまでグッと気を集中してひたすらガマン。そしていよいよ敵が間合いに入ったその刹那、溜めに溜めた己の力を一気に全開放して抜刀、相手を切り裂く!

そう、居合とは緊張と開放のプロセス。溜めて溜めて、最後はドーンと出す!・・・なるほど、こうして考えると、居合斬りとはまことに男の生理に叶ったものだと言えますな。イヤン。

そんな妄言はさておき、とりあえずパッと思いついた範囲でカッコイイ居合斬りの動画をいくつか御紹介(主に映画、アニメ、ゲーム関連)。


座頭市千両首(1964) 座頭市の一文銭斬り(3:10あたりから)



居合といえば何といっても座頭市。そして座頭市といえばやはりこの人、勝新太郎。盲目にして居合の達人というシビれる設定ですが、市の代名詞といえる仕込み杖、実は原作小説には無く、映画化にあたり勝のアイデアで実現したものだそうな。派手な殺陣もカッコイイイですが、中でもこの一文銭斬りのシーンが一番好きです。勝負に至るまでの異様な緊張感と、市の神速の居合!シビれます。




椿三十郎(1962) 三十郎vs室戸半兵衛 最後の決戦




言わずもがなの超有名シーンですが、やはり何度観ても圧巻。椿三十郎は居合の達人というわけではないけど、お互いがにらみ合う緊張感と、一瞬で決まる一撃必殺の技は、まさに居合の魅力そのものと申せましょう。




座頭市(2003) 殺陣シーン集




こちらはビートたけし版の座頭市。勝新太郎の市は人情にもろい性格だったのが、たけしの市は気に入らない奴は容赦なく叩っ切るキリングマシーン。話のオチやタップダンスは正直どうかと今でも思いますが(笑)、居合の速度を追求した殺陣シーンはどれもカッコイイ。ビートたけしにこの「座頭市」の続編を作ってもらいたいと願うのはワタシだけではないはず。




ルパン三世(1971-) 石川五右衛門 アクションシーン集




アニメにおける居合斬りキャラの源流は、やっぱりこの石川五右衛門なのかもしれません。どんな相手もどんあモノも一刀両断してしまうそのチートっぷり。とりあえず五右衛門がいれば、どんな危機もなんとかなるだろうっていう安心感がありますな。




カウボーイビバップ スパイクvsビシャス




こちらも超有名シーン。カウボーイビバップの中では、ビシャスが一番好きだったなー。でもキャラのインパクトの割に、物語の中でビシャスの登場回数って意外に少ないんだよなー。ビシャスのスピンオフとか今でも見たいのですが。ヤング島耕作ならぬ、ヤング・ビシャスとか。




Capcom vs Snk2 高嶺響vsオメガルガール




美少女が抜刀!男の快感原則である居合斬りを、女の子がやるというトコロにどこか倒錯めいたエロスを感じてしまうのは私だけ・・・?(オマエだけだ) まあ女の子の居合キャラも最近は多いのですが、とりあえずゲーム部門代表としてワタシの好きな響ちゃんを御紹介。争いを好まない心優しい性格でありながら、心の奥底で人斬りを渇望しているという、狂気を孕んだトコロもグッド。動画の最後で観られる響きの超必殺技、『死を恐れぬ心也』の演出がシビれます。





関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

サムスピの小次郎とアクションがクリソツ!

Re: タイトルなし 

> 雅趣 さん

右京のことかしら?
右京も好きだったなー。格ゲー下手だったので、よく右京使いの友人の後から、サムスピを見てた思い出がありますw

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/813-db3495cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。