スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一度観たいッ! ゲキハロ 『我らジャンヌ~少女聖戦歌劇~』感想

2013100100112.jpg





ダメだ、舞台を観終わって、もう1週間経つというのに、

いまだ『我らジャンヌ』が頭から離れねえっ!







【我らジャンヌ~少女聖戦歌劇~ 前夜祭】 感想まとめ。(Togetter)




・・・というわけで先週の9/23に、ハロープロジェクトのBerryz工房とスマイレージの2組が参加した、ゲキハロ第13回公演 「我らジャンヌ~少女聖戦歌劇~」の大阪・千秋楽公演を観に行ってきたんです。

つーか、ミュージカルって話の途中でいきなり歌ったり踊ったりするアレでしょ〜?あのノリ、なんか苦手なんだよねーオレ。それにハロプロは好きだけど、まあ所詮アイドルが出演する舞台だし、たかが知れてるっしょ?つーかこれからっしょ?てな軽いノリで見に行ったんですが。


スミマセンでした。

最高でした。

すっげえ楽しかったです。


良質なストーリーや演出のテンポの良さもさることながら、演じるBerryz工房、そしてスマイレージの各メンバーの歌と踊りのスキルの高さがとにかくハンパなく、楽曲も一聴しただけで耳に残るようなイイ曲ぞろい。あれですね、ミュージカルってやっぱり歌と踊りが全てなんですね。ストーリー性を持ったライブなんですね。今までずっと毛嫌いしてたけど、いやー、ミュージカルって、本当にイイもんですね。シベリア超特急。

この『我らジャンヌ』、トゥルース編とリバース編の2つのバージョンがあり、演じるベリーズとスマイレージの各メンバーがそれぞれ2人1組になり、バージョンごとに演じる役をチェンジするという、その名もリバースキャストシステムなるものを採用。つまり演じる方は一人で二役分のセリフと歌と振り付けをマスターし、しかもそれを毎日の公演バージョンごとに切り替えなきゃいけないという、俳優にとっては地獄以外の何ものでもないシステム。
(そして観る方にとっても、各バージョンを見たくなって劇場に通ってしまう地獄のシステムでもあるw)

実際に観ると、歌やダンスだけでなく、キャラが舞台上を目まぐるしく入れ替わる上に剣を使ったアクションシーンもあり、ああこりゃ本当に大変だったろうなーと納得。そのせいなのか、公演後のトークでは出演陣のほとんどが燃え尽きてるカンジでした・・・。

下は、ワタシが今回観たリバース編のイラスト付き感想。2枚だけだけど。スマイレージばかりなのはご容赦ください・・・。だってあやちょが最高だったんですもの!クリックすると画像が大きくなったり、ならなかったり。


20131001_213033.jpg

20131001_223634.jpg


我らがハロプロ師匠であり導師である、ゴシマ師匠に声をかけてもらえなかったら、きっと見逃してただろう『我らジャンヌ』。観れて本当によかった、と思うとともに、ぜひもう一度観たい!まだ観てないトゥルース編を観たい!そしてリバース編ももう1回観たい!という欲求にかられて仕方なく、おかげでいまだに『我らジャンヌ』のテーマソングが頭で鳴りっぱなしです。

DVDが出たらもちろん買いますが、どうかぜひ、再演を強く望みたいところ!もう一度、舞台上のメンバーたちと、観客のみんなと一緒に、劇場で歌いたいんだ。「我らジャンヌ!」と。




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

私は「リバース」「トゥルース」、そして、キャストをランダムに入れ替えて上演する「マーブル」の3タイプ観ました。やっぱり、それぞれ「はまり役」っていうのがありますね。個人的には「悪女」マリオンの夏焼さんが、それ(^-^)

アイドル主演でありながら、ほとんどのセリフを歌で表現するっていうハイレベルなミュージカルなので、もっと評価されてもいいと思いますね。一般のミュージカルファンにも偏見なしに、この作品の存在を知ってほしかったです!

千秋楽の公演後はメンバー12人とハイタッチできる「リピーター特典」っていうのに参加させていただきました(^-^)ももちは別の仕事で早々に帰京してしまったけど・・・。

Re: タイトルなし 

>タフィロール さん

タフィロールさんは全部のバージョンを見られたんですよね。うらやましい〜! (;´д`)ノ
悪女なみやびちゃん、観たかった!

今となっては全部のバージョンが観たかったと後悔しきりです。そしたらタッチ会にも参加できたかもしれないのに・・・。
やっぱりコンやイベは少しでも迷ったなら、絶対に行け!の心意気が大事ですね。
とりあえずFC先行で『我らジャンヌ』のDVDが発売されたので、そっちで気を沈めます・・・。

ももちは多忙だからか、劇中でも唯一、リバースキャストが無い役でしたね。
千秋楽の余韻に浸るヒマもなく、次の仕事・・・ちょっと可哀想。
ももちの声はよく通るので、語り部役はハマってたと思いますが、でも悪女を演じるももちも、それはそれで見てみたかった気もします(笑)



トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/833-aea38d35
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。