スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の空洞を埋めるモノ  吾妻ひでお『失踪日記2 アル中病棟』

20131024_235829.jpg


ベストセラーになった前作「失踪日記」の続編となる、吾妻ひでおの書き下ろし新作「アル中病棟」。

過度の連続飲酒でアルコール依存症に陥り、精神科に3ヶ月入院した作者の実体験をを淡々と描いたマンガです。


20131024_235430.jpg



毎晩病室で小便をする者、隠れて酒を飲む者、退院したらまた酒を飲むと豪語する者、新人をダマす詐欺師、人格破綻者、病棟を仕切る謎の女性患者・・・・・

個性豊か(というよりはアクの強い)アルコール依存症の患者たちのエピソードを始め、入院中のスケジュールやイベント、治療プログラムの内容、断酒会やAAなどなど、普段なかなか見られない"アル中病棟"の内幕が語られていて、とにかく面白い。


20131024_234726.jpg



けっこう悲惨なエピソードもあるのだけど、丸っこくて愛嬌のある絵柄と、下手な感傷を排したクールな視線のおかげで、サクサク心地よく読めちゃう。これが例えば「闇金ウジシマくん」の作者が描いたなら、きっと読むだけで胃潰瘍になるようなダークな作品になっただろうな(笑)
そして吾妻センセイといえば何といっても美少女!というわけで、本作に登場するナースや女性患者はみんな可愛く描かれます。おかげで「何だかアル中病棟って楽しそうだな・・・オレも入院したい!」なんて何度も思っちゃった(笑)。



さて、ワタシが本作で一番印象に残ったのは、終盤の「心の空洞」の章のハナシである。


20131024_235037.jpg



医師が語る、アルコール依存を克服する上で最も重要なこと。
それは「今まで心身ともに酒だけの人間だった自分から酒を抜いた時、酒の無い生活での心の空洞を何で埋めるか」ということ。

心の空洞を埋めるモノ。それは生きていくためのモチベーションと言い換えてもいい。

『アルコール依存症患者が治療病院を退院しても、1年後の断酒継続率はわずか20%。ほとんどの人は再入院、もしくは死んだり行方不明』(本書279ページ)という統計が示すように、依存症の克服は非常に困難とされており、実際マンガの中でも何度も入退院を繰り返す患者がたくさん登場する(そして大半は開き直って、死ぬまで酒を飲み続ける)。

しかし吾妻ひでおは1999年退院して以降、今なお断酒を継続している。
彼が酒の代わりに心の空洞を埋めたたモノ、それはマンガだった。

中断したままの作品の続きを描きたい、単行本を出したい、失踪や入院の体験をマンガにしたい、そして何よりエロい美少女を描きたい。
連載の締切りと作風のマンネリ化で行き詰まり、一時は失踪するまで追い詰めた「マンガ」が、吾妻ひでおをアルコール依存から救ったというのは少し皮肉めいて見えるけど、それでもいち吾妻ファンとしては、やっぱりこの人は生粋のマンガ家なんだとわかったことが、とても嬉しかった。

そして本書を読んでると、やっぱり家族の存在が大きかったこともよくわかる。吾妻センセイは照れくさいのか、多くを語ってはいないけど、アル中になってしまった夫・父親を受け入れ、今も酒を飲まないように厳しく見張っている家族がいたから、断酒が継続できているのは間違いないだろう。実際、妻や子供に逃げられて孤独になった依存症患者の再入院率は非常に高いらしい。そりゃそうだろうな、と思う。



心の空洞を埋めるモノ。それは別にアルコール依存症に関わらず、どんな人間にも必要となるものだ。
家族、宗教、思想、仕事、恋愛、セックス、アニメ、ゲーム、アイドル、ギャンブル、etc・・・・・
僕らは結局、何かに依存しないと生きていけない。そして何かに強く依存するばするほど、往々にして人生は破綻する。そう考えると、アルコール依存症もけして対岸の火事ではなく、人間の根本に関わる「業(ごう」の問題なのかもしれない。

ちなみにワタシは何で心の空洞を埋めてるかというと・・・・。
えーと読書でしょ、DVDでしょ、ネットはもはや手放せないし、美味しいモノ食べるのも好きだし、あと最近だとハロプロもあるしなあ(笑)。そして何よりも絵を描くこと、このブログを書くこと。

なんか色んなモノを詰め込んではいるんだけど、まだスカスカで隙間が目立つ。
ワタシの心は今、そんなカンジです。

たった1つのモノを心の拠り所として生きていく、そういうストイックな生き方にも憧れるんだけど、でもたった1つのものだけに依存しちゃうと、それが無くなった時にきっと非常に苦しんでしまうので、できるだけたくさんのモノで、少しづつ、心の空洞を埋めていった方がきっと良いハズ。そう自分に言い聞かせている、今日この頃。
関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/844-128a426d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。