ダイナブラック&ピンク、30年ぶりの再会(泣)! 獣電戦隊キョウリュウジャー 第43回感想

20140105001.jpg




獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ43 「たましいのつるぎ!うなれストレイザー」の感想です。





年が空けて一発目のキョウリュウジャーは、ソウジの母親:麗子が登場。
元夫である源流から強引にソウジを連れ戻そうとする麗子と、それを止めようとする源流。
ソウジは家族内の衝突を通して「自分はなぜ戦うのか」の答えを見つけ、人を哀しみから守るという強い決意によって、ついに必殺技:トリニティストレイザーを会得する。

20140105002.jpg




さて今回、ソウジの母親役を演じたのは、1983年に放映された「科学戦隊ダイナマン」でダイナピンク=立花レイを演じた萩原佐代子さん!

20140105003.jpg
20140105004.jpg




ダイナマン放映時はまだ幼稚園児だったワタシですが、ピンクのお姉さんの白いショートパンツと太ももはすごく印象に残ってます。ああ、いま見ても、いいですなあ・・・。

20140105005.jpg




そしてソウジの父親:源流を演じているのは、ダイナマンでダイナブラック=星川竜を演じた春日純一さん。
というわけで、ダイナブラックとダイナピンクが30年の歳月を経て(遠い目)、再びTVにご登場!だったわけですね。
ダイナマン直撃世代なワタシ、ちょっと感涙。

20140105006.jpg
20140105007.jpg




また今回はトリンの声を担当しているベテラン声優:森川智之さんが、トリン人間態として生出演。
生出演でも相変わらずのイケボを見せつけてくれました。生肉先輩、オッスオッス。
髪の一部を白く染めてるのはトリンのイメージを意識して、なんでしょうね。

20140105009.jpg
20140105010.jpg




さて前回、カオス様からの信頼を失ったドゴルドちゃんは、孫悟空のようなおしおきシステムによって、すっかりエンドルフの下僕になり果ててしまったのでした・・・。

20140105012.jpg




そんなドゴルドを見て、「あれじゃブラック企業っすよね〜」、「ウケる〜、ていうかオレたちそもそも悪の軍団だけどねゲラゲラ〜」となんとも気楽なおバカ二人組。仲間が大変な目にあってるのにヒドイ(笑)

20140105016_20140105182107dfd.jpg




しかしキョウリュウジャーの必殺技から身を挺してエンドルフを守り、忠誠心を見せつけるドゴルドの姿に、キョウリュウジャーもラッキューロたん達もビックリ。
しかもこの後エンドルフに無理矢理巨大化されられ、ロボット戦までやらされるというコキ使われっぷり。
こりゃ確かにブラックですわ・・・。このままやと過労死まっしぐらやで、ドゴちゃん!

20140105013.jpg




でも空蝉丸の「貴様は誇りを失ったのか!情けない」という言葉への、ドゴルドの反応を見る限り、なーんかまだまだ下克上を企んでそうな気がする。
これはなんか悪いこと考えてる目やで〜(いや、鎧だから)。

20140105015.jpg




そして謎の新しいデーボス軍幹部も登場? 次回からいよいよ最終決戦が始まる!

20140105017_20140105182108468.jpg




番組の最後には、ついに2014年の新戦隊「列車戦隊トッキュウジャー」のCMが初お目見え。






電車をモチーフにした戦隊って、意外にこのトッキュウジャーがはじめてっぽいですね。
それにしても地方のご当地ヒーローと言われても信じちゃいそうな、安っぽいコスチューム(目が線路、胸には路線図)が色んな意味でインパクト大ですが、大丈夫なのかコレ・・・。

20140105019_20140105182111ac1.jpg




キョウリュウジャーでノっさんを見慣れてるせいなのか、トッキュウジャーの中の子たちがすごく若々しく見えるよ!(笑)
メガネ君は電車オタクなんですね(偏見)。あとツインテの女の子が可愛いですね(率直)。

20140105020_20140105182112da3.jpg




「つぎわぁ〜トッキュウジャーにぃ止まりまぁ〜す」という車掌風ナレーションを聴いた時点で、すでにお笑い路線確定な気がしてならないんですが、はてさてどうなることやら。

20140105018_201401051821090ab.jpg







関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/868-aafdbc0b