スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミオ、恋の暴走列車! 烈車戦隊トッキュウジャー 第9話 感想

20140420020.jpg



烈車戦隊トッキュウジャー 第9駅「思いは片道切符」の感想です。





男勝りでしっかり者のトッキュウ3号:ミオがまさかの恋!?ということで、恋愛にはとんと奥手なミオのテンパリっぷりが面白かった今回。ていうかミオがどんどんあさっての方向に暴走していったのは、ワゴンちゃんがミオを焚きつけたせいのような気が・・・。相手の男(ゲキレンジャーにも出演されていた聡太郎さん)に電話したミオの会話がただの脅迫電話になってたのにはかなり笑いました。

20140420002.jpg
20140420003.jpg
20140420004.jpg
20140420005.jpg




ミオのテンパリがついに極限に達し、「違う、これは決闘よ!」と意味不明な供述をしつつ、男に手作りのお弁当を渡したら、目の前で踏みつけられたでござる。うわああああ、ヤメロヤメロー!いくらフィクションとはいえ、これ一生もののトラウマになるシチュエーションやないか(震え声)。子供番組のしかもコメディ回に、こういうエッグイ描写を織り込んでくるところに、脚本の小林靖子にゃんの暗黒面(ダークフォース)を感じずにはいられません。

20140420001.jpg
20140420006.jpg




全てはシャドーの怪人:マリオネットシャドーが人間の男を操って、失恋による心の闇を奪い取る作戦だったわけですが、ミオからはなぜか闇は生まれてこない。その理由を「私は決闘にきたのよ!だから大丈夫なんだから!」とミオは言ってたけど、いやいや、どう見ても弁当踏みにじられた時、ガチでヘコんでたやん。それでもミオから闇が生まれてこなかったのは、財布を持っていかずに立ち去った男に何か不審なものを感じたのか、それとも・・・ミオは本当は人間じゃないとか?(トッキュウジャーの過去の謎とつながってる?)なんて妄想もつい浮かんでしまったんだが、果たして。

20140420007.jpg
20140420008.jpg




今回は新ロボ:ディーゼルオーが登場。ディーゼル、タンク、カーキャリアのサポート烈車が合体するパワータイプのロボット。電車=長細い直方体という形の制約がある以上、どうしても合体が「電車が3列に並んで、真ん中が胴体、左右が腕もしくは脚」という風にパターンが限られてくるのは仕方ない所なのカモ。でも必殺技のディーゼルオーインパクトがテリーボガード(餓狼伝説)のパワーゲイザーを彷彿とさせてなかなかカッコイイ。

20140420009.jpg
20140420010.jpg
20140420011.jpg




次回はトカッチが再びメインで登場。かつてこんなに夕焼けの似合うブルーが存在しただろうか・・・。タイトルも「夕焼けに死す!?」じゃなくて「夕焼けに死す」と断言されちゃってるその扱いにカワイソスと思いつつ、でもトカッチだからね、しょうがないね(笑)

20140420012.jpg





関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/902-3a7ba7de

烈車戦隊トッキュウジャー 第9駅「思いは片道切符」 

烈車戦隊トッキュウジャーの第9話を見ました。 第9駅 思いは片道切符 烈車のメンテナンスのためサポート烈車に乗り込んだライト達は観光地として有名な街に立ち寄り、名物食べ放題という賞品につられたライトは男女ペアで競う「ラブラブ障害物ゲーム」にミオを巻き込んで参加する。 「ライト、やるからには絶対勝つよ!」 ゲーム中に現れたクローズ達との戦いの最中、ミオはクローズの攻撃か...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。