日清の『カレーメシ』を食べてみたんだが

20140511_113900.jpg





まさかここまで完食がツラいとは思わなかった・・・。

不味くはない。けして不味くはないのだが、とにかく食べてて飽きてくるんだよ!

新発売のご案内 「日清カレーメシ」4品 (4月7日発売) -日清公式サイト


作り方は水を入れてレンジで6分ほど温めるだけ。できあがりは汁気多めの混ぜカレーといった感じ。この混ぜカレーなのがクセもので、いくら食べても味の変化が無いんである。これが普通のカレーライスなら、カレーと白いごはんの割合を変えることで味に変化がつけられるし、カレーの風味に疲れたら白いごはんだけ食べて小休止することもできる。でもこういう混ぜカレー系はそれができないので、ひたすらカレーの単調な味が続くことになる。それならチャーハンや炊き込みご飯だって同じじゃないか、と言われるかもしれないが、やっぱりカレーは味や風味の個性が他の食べ物よりずっと強いので、より飽きを加速させてしまう。

さらにカレーメシの量が意外に多いこともあり、ついに半分食べたところで、ついにスプーンを持つ手が止まってしまった。「うーん、ツラいなあ・・・これ、どうしよう」としばし途方に暮れていたら、ふと、有名な大阪「自由軒」の混ぜカレーにはウスターソースがついてたなと思いだし、そこで自分もさっそく冷蔵庫からソースを持ち出し、ちょっとずつソースをかけながら食べてみるとアラびっくり、一気に食べやすくなった。なるほどさすがは自由軒、やはり老舗は違うなと関心しつつ、結局ソースのおかげで無事完食したのだった。でもこんな思いをするなら、普通にレトルトカレーとパックのごはんを食べた方がよかったような・・・。

普段意識してませんでしたが、食事において、味に変化をつけられることって大事なんだなーと改めて思い知った次第です。『カップヌードルごはん」など、日清から最近発売されているライスものは、日常食としては正直微妙ですが、イザというときの非常食としては決行イイかもと思っているので、とりあえず日清サマ、このカレーメシに付属でウスターソースか福神漬けをつけていただくことを切に望む次第です。





関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/910-3635bbe2