スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べちゃたいほど大好き(迷惑)! 烈車戦隊トッキュウジャー 第15話プチ感想

20140601000.jpg



烈者戦隊トッキュウジャー 第15駅「心の中にあるもの」の感想です。








夜更かししたせいで朝寝坊し、さらにハードディスクにはなぜが前半だけしか録画されていないという体たらく(憤怒)。
おかげで今回は話を途中までしか見れてないので、プチ感想ということで、前半で印象に残ったモノだけ書き留めておきます。

ていうか、一番印象に残ったのは何といっても冒頭のコレなんですが・・・・・。

201406010001.jpg
201406010002.jpg



シュバルツ様がマミったァァァァーーーーーーー!

20140601_112927.jpg



ハンマーシャドーが創り出したシュバルツの幻影とはいえ、愛しの人を「守るために」ガブリと食べちゃうグリッタちゃんはやっぱりヤベえ。別にグロく無いんですが、やはり人間を「食う」描写ってのは何とも不気味なナマナマしさを醸し出すもんで、しかもそれが(中身だけは)純真な乙女キャラのグリッタちゃんだからなおさらのインパクトでした。闇の皇帝:ゼットがグリッタをに気に入ったのも、案外グリッタの中に眠る本性を見抜いているのかも・・・・。

201406010003.jpg



一方、グリッタの自分に対する想いに気づいている将軍シュバルツはてっきり嫌がるのかと思いきや、逆にグリッタの想いを利用して何か企んでいそうな様子。ノア夫人やネロ男爵だけでなく、シュバルツもまた何か腹に一物持っているようで、本当にシャドーラインは組織としてガタガタ。肝心のボスであるゼットもあんなんだし・・・。

201406010005.jpg



ハンマーシャドーの声を演じたのは、チョーさん。チョーさんの声を聴くと妙に落ち着くのはなぜだろう(笑)。幼少の頃にNHK教育で観た「たんけんはっけんぼくのまち」のイメージが頭の奥に刻み込まれてるんだろうか。

201406010006.jpg



ミオが昔大事にしていた脳内キャラ、マイッキー。ふなっしーよりは可愛いと思う。かつての黒歴史を現実に復活させるって、よく考えたら罰ゲームそのものやないか(震え)。あとミオの足のタイツがやたらエロい。エロ最高。

201406010007.jpg



次回までにはちゃんとハードディスクを買い換えようと思った。



<おまけ>

201406010008.jpg


仮面ライダー鎧武の「極アームズ」。兜の部分にもうちょっと黒色があったら、もっとカッコよかったと思うんだけど・・・。
フォーゼ以降、ライダーの最強フォームは総じてシンプル風味で、「おおスゲー!」感が無いのがちょっと寂しい。




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

きゃー! 

途中までしか録画できてないってめっちゃショックですね;;
わたしもゴーカイ&オーズやってた頃になぜか録画失敗して、しばらく立ち直れませんでした…←そんなに?
知り合いの人に録画したディスクを譲ってもらったけど(笑)。

わたしも、何が印象に残っているかというと、もうグリッタ嬢のあれが…あれが。
デーボス軍はみんな仲良しさんだったせいか、今回のシャドーはまとまりがないように見える…大丈夫かな。

Re: きゃー! 

> みずきさん

録画失敗はショックですよね。
ワタシもオーズの最終回直前の話がうまく録画できてなくて悶絶した経験があります。
関西は毎年夏の甲子園放送のせいで、ライダーの終盤回がいきなり月曜の午前にズレたりするのが恐ろしいです(怒

今週のトッキュウジャーは前半しか見れなかったのですが、グリッタ嬢のパックンチョがあまりにインパクト強すぎて記事を書かずにいられませんでした(笑)
シャドーラインの人間関係も、この先どう変化していくのか見ものですね。



トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/916-c065f56e

烈車戦隊トッキュウジャー 第15駅「心の中にあるもの」 

烈車戦隊トッキュウジャーの第15話を見ました。 第15駅 心の中にあるもの イマジネーション測定器でイマジネーションレベルが5人の中で最低だと判定されたミオがショックを受ける中、烈車はシャドーラインに乗っ取られた次の駅に到着する。 街にはハンマーシャドーが出現し、その人が一番大切に思っているものを破壊して闇を生み出そうとしていた。 ライト達が応戦するが、ミオには敗北の...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。