スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ発のデブ化兵器 『クロワッサンドーナツ』を喰らう

20140615002.jpg






コンビニへ行って新商品の菓子パンを見つけると、ついつい袋の裏面に表示されてるカロリー値をチェックする癖がある。
しかもそれが高カロリーだったりすると、「おー、コレは太るぞ~、身体に悪いぞぉ~」と嬉しくなってニヤニヤしてしまう。
かつて「メロンクーヘン(1403kcal)」や「ローズネットクッキー(673kcal)」などのレジェンド的存在から受けた、およそ分量に見合わぬカロリーへの衝撃と感動を追い求め、今日もコンビニでフィールドワークに励んでいるのである(ものは言い様)。

そんなフィールドワークから最近見つけたのが、サークルKサンクスで売ってたこの『キュービックドーナツ』。そのカロリー、573kcal。マクドのビッグマック(556kcal)よりカロリー高いってコレ容赦無ぇな?

20140615003.jpg

20140615004.jpg




ドーナツ系は総じてカロリーが高いけど、その中でもコイツはなかなかのハイレベル。ただでさえ他のパンよりバター含有量が多いクロワッサンをわざわざ油で揚げ、揚がったパンとパンの間にカスタードクリームを挟み、仕上げに上からチョコをたっぷり掛けたその威容は、まさに人をデブにするために生まれた兵器のごとし。このいわゆるクロナツことクロワッサンドーナツがアメリカ生まれと知って、なるほど納得。何しろバターを油で揚げる国だからねー。

20140615005.jpg




そんなアメリカ発のデブ化兵器をおそるおそる口にしてみると、ドーナツの油とクロワッサンのバターの濃厚さに、カスタードとチョコのネットリした甘さが加わる、いかにもジャンクフード的なおいしさ(そら砂糖と油脂の組み合わせだもの、マズいわけが無い)。きっと10代の頃なら大好物だったと思うけど、さすがにこの歳で一気食いすると胸焼けしそうだったので、2日に分けて半分ずつ食べました。

ちなみにこのクロナツはミスタードーナツでも発売されてるんですが、こちらの記事によると、やはりミスドの中でもクロナツは総合で3位、単品ではトップの高カロリーを誇っているようです。さすがだぜアメリカ!U.S.A!U.S.A!

それにしても他のコンビニと比べて、特にサークルKサンクスの菓子パンが総じてカロリー高め(大半が400kcal超え)な気がするんだけど、いったい何故なんでしょう?そのあたりも今後のフィールドワークと合わせて、引き続き探求していきたい所存です。




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/920-87af6e05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。