スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HUNTER×HUNTER やっぱり休載だってさ(知ってた)

20140922001.jpg





デスヨネー(棒読み)


まあ先週の時点でこうなるだろうなと予感はしてましたケド、今まで当たり前のように「しばらく休載します」の一言でブッツリ切ってた編集部が、今回に限ってわざわざ「容態が思わしくない」と報告してるのがやっぱり気になるのう。本当に腰か何かの病気で療養中なんでしょうか。最近、幽遊白書の単行本を読み直してみたら、第6巻カバーの作者コメントが「半年腰痛が続き、一番ひどい時には寝ながら原稿描いてた」とのことで、腰痛は昔からの冨樫センセイの持病なのかも。

20140922002.jpg



すごいなあ、当時は寝ながらでも原稿描いてたんだあ・・・。

じゃあ今も寝ながら描けよ(真顔)

と言いたくなりますが、幽遊白書 第6巻の発売は1992年、冨樫センセイがまだ26歳頃だった時のハナシで、若い頃は無茶ができても、さすがに現在48歳になられたセンセイに寝ながらでも描けというのは酷な願いでありましょう。昔と比べていまは金も十分持ってるだろうし(嫁さんも金持ちだし)。

それにしても2年もの休載の間、全然原稿描き溜めてなかったのもスゴイよな。一体その間冨樫センセイは何をやってたんだろう。ゲーム?主夫?そしてそんな状態で連載を再開しちゃった編集部についてもいろいろ不思議時空なカンジですが、まあ理由はともあれ、いち読者としてはただただ新作が天から降ってくるのを待ってるしかないわけで、巣に取り残された雛鳥のごとき大勢のファンのためにも、センセイにはできるだけ早い回復と復帰をお願いしたいトコロです。

ちなみに幽遊白書 第16巻にはこんなコメントが。

20140922003.jpg



「落とす・・・作家の良心。賛否は勝手だが、これをステータスと考えるのは、愚かだ」

デスヨネー(棒読み)



関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/959-5c10445e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。