スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラダは大人、ココロは子供! 烈車戦隊トッキュウジャー 第32話感想

20141012001.jpg



烈車戦隊トッキュウジャー 第32駅「決意」の感想です。






ライト達は実はまだ子供だった!という衝撃の事実が判明した今回。いやー、正直これは予想できなかった。「子供の頃の記憶しか無いのは、単に自分達がまだ子供だから」というのは言われて見れば納得ですが、あまりにシンプルすぎて逆に思いつきませんでした。体は大人、心は子供というわけですが、もしこれが逆だったらそれはそれで興奮しますよね(おい)

20141012002.jpg



強いイマジネーションを持つ子供の心を、闇の力に耐性のある大人の身体に入れた、ある意味イイとこ取りのハイブリッドとして誕生したのがトッキュウジャーだったわけですが、これを画策したレインボーラインの総帥は児童をある意味強制的に働かせ危険な目に合わせていたわけで、児童福祉法違反で捕まりそうな気がするんですが大丈夫ですか総帥。そんな着ぐるみかぶっててもごまかされませんよ!

20141012003.jpg



総帥もさすがにヤバイと思ったのか(?)、ライト達がこのまま大人の姿で心が成長していったら、元の子供の姿に戻れなくなるということでトッキュウジャーの解散を宣言。自分達の真実を知り、このままトッキュウジャーを続けるのかとライト達が悩んでいる中、「オレ一人で十分だ。あいつらが街へ帰るレールを守る。とっくに決めたことだ」と告げて、たった一人でシャドーに立ち向かうアキラ君がカッコよすぎて泣いた。

20141012006.jpg



葛藤の末、最後はやっぱりこのままトッキュウジャーとしてシャドーと戦い続ける決意を固めた5人。彼らは子供の頃の自分の幻影と向き合い、そして別れを告げて先へと進む。

20141012004.jpg
20141012005.jpg



アキラとともに先にシャドーと戦っていたライトの元に駆けつけたトカッチ、ミオ、ヒカリ、カグラの4人。「俺たち5人はいつまでも一緒だ!」と再び強い絆で結ばれた中で、アキラだけが一瞬寂しげな表情を見せる。元の子供に戻れなくなってでも戦い続ける決意をした5人への憐憫の情なのか、それとも5人の絆の中に元シャドーである自分が入り込めないことへの哀しみなのか・・・。しかし5人もまだまだ子供なんだし、この先アキラくんにはライト達のお兄ちゃん的ポジションで活躍してほしいのですが。

20141012007.jpg
20141012008.jpg



ハイパーレッシャターミナルが烈車に変形して、新ロボ:ハイパーレッシャテイオーが登場。ハンドマシンガンはやっぱりイイですね燃えますね。しかし電車からロボへの変形がただ90度直立して頭部がくっつくだけというシンプルさ。おかげでコイツのロボ玩具、ただの直方体にしか見えないんだよなあ・・・。

20141012009.jpg



ともあれ自分たちの本名も、子供の頃の記憶も全て取り戻してみんなできらきら星を歌う5人。そして同じきらきら星をひとり孤独に歌う闇の皇帝:ゼット。この対比シーンからして、やっぱりライト達とゼットの間には過去に何らかの結びつきがあるようにしか思えない。むしろライト達がトッキュウジャーになったからこそ、ゼットも誕生したんじゃなかろーか。ライトたちが子供の頃に、後にゼットとなる人間に出会っていたのか。あるいはライトたちの闇の心の部分が結集して生まれたのがゼットだとか(だからライトたちが持つキラキラに執着している?) この先シャドーとの決戦へと突き進む中で、いずれゼットの正体も明らかにされていくのでしょう。

20141012010.jpg
20141012011.jpg



ほかのメンバーが頭から飛び込んでいく中、ただひとり華麗な飛び蹴りを披露していたヒカリくん。次回は空手対決ということで彼のキレキレのアクションが拝めそうです。期待。

20141012012.jpg



関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

5人はまだお子様だったんですね!
この事実にわたしも驚いたんですが、まあライトは今でもお子様っぽいしなあ…(笑)
最終的にはどうなるのか気になりますね。

それと、ウツロメ様も書いておりますが、アキラくんがちょっと寂しそうに見える。
5人は幼馴染だから仕方ないといえばないのかなあ…。
5人の名字が意外と普通だったことに笑ったww
野々村とかww

それと、きっとゼットは5人と何らかの関係がありますね間違いない。
キラキラにこだわるところといい、キラキラ星を歌ってるところといい…どんな関係があるのかなー。

わたしも来週のヒカリくんのアクションが楽しみです♪
ひとりだけキレが違う(笑)

Re: タイトルなし 

> みずきさん

いつもコメントありがとうございます!

ライト達の正体が子供もだったのは驚き!(゚д゚)でしたね。
ライトやトカッチ、カグラがやたら子供っぽいのも納得ですよね。
むしろヒカリくんが大人すぎ(笑)

やっぱアキラくんは、5人の中に入れなくて寂しかったのかなあー。
そう思いながらこのシーン見ると、なんだか切ない気分にもなってくるのですが。
この先、ライト達とアキラくんの関係も代わってくるのでしょうか。
でもオレ一人で十分だと言って戦いに向かうアキラくんは本当にカッコよかったし、イイ意味での大人の男って感じでした。これからはライト達を引っ張っていく役割になるのかな?それはそれでイイなーと思うんですが。

そしてゼットとの関係も気になります。
シャドーはみんな仲が悪いので、なおさらゼットが孤独に見えちゃうんですよね。
ここからはゼットの謎が物語の鍵になってきそうです。

次回の空手対決は楽しみですね。
横浜流星くんは空手のチャンピオンだし、 志尊淳くんも格闘技の経験があるとのこと。
東映のHPによると、かなりすごいアクションが見れそうですよ!



トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/967-d11b60a1

烈車戦隊トッキュウジャー 第32駅「決意」 

烈車戦隊トッキュウジャーの第32話を見ました。 第32駅 決意 レインボーライン総裁からの命令でトッキュウジャーが解散することとなったが、納得できないライト達は総裁に直接掛け合うためハイパーレッシャターミナルへ向かう。 そこで窓ガラスに映る自分達が子供であるという本当の姿に気付くのだった。 「何なんだよ、さっきの」 「全然意味分かんない…」 「もうだから話聞けって...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。