新フォーム『タイプテクニック』登場! 仮面ライダードライブ 第9話感想

20141207101.jpg



仮面ライダードライブ 第9話「どうすればクールボディになれるのか」の感想です。




20141207102.jpg
20141207103.jpg
20141207106.jpg
20141207107.jpg
20141207108.jpg
20141207109.jpg
20141207111.jpg



霧子ちゃんのハードルアクションがカッコよかった今回の仮面ライダードライブですが、メインは何といってもタイプスピード、タイプワイルドに続く第3の新フォーム『タイプテクニック』。変身するのにクールな心が必要という何だか面倒くさいタイプテクニックですが、うーんぶっちゃけあんまりカッコ良くない・・・。しかもクールさを要求する割に外見や必殺技がかなりガテン系で、こっちの方がよほどワイルドじゃないか。でもゴーグルの映像、背面撃ちといったロボっぽさは好きです。それにしても毎回新しいシフトカーが出て来ますねえ。いま現在どれくらいの数が出てるのか、もう把握できません(笑) 

街の天才博士が実はロイミュードで、それを知って捕まった子供を仮面ライダーが救うという展開が、なんだか昭和ライダーを見たような懐かしい気分になりました。アゴ勇氏が演じる博士がいかにもステロタイプなキャラこともありますが、仮面ライダーが子供を救うのって、最近の平成ライダーではあまりに見かけないシチュエーションじゃないですか。昭和の仮面ライダーを見返すとレギュラーで子供が登場して、ときに襲われときに活躍したりと話のメインになることが多かったのに比べ、今の平成ライダーは玩具は子供向けでも話やキャストに子供が出ることが少ない。バイクに乗らない「異端の仮面ライダー」ドライブですが、主人公が刑事という設定からみても、かつての昭和ライダーへの原点回帰を狙ってるのかも。

いつもは前編&後編の2話構成なのに、前編であっさり怪人ボルト・ロイミュードが倒されて「あれ、今回は1話完結?」と思いましたが、次回予告を見ると後編はむしろ敵の幹部ブレンとドライブの対決がメインになるのかな?ようやくドライブ誕生の経緯やプロトタイプの秘密も明かされるようです。そういやチェイスは今回おとなしかったな。次回は暴れてくれることを期待。



関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/995-f100bc72