スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハート様が強すぎる! 仮面ライダードライブ 第10話感想

20141214101.jpg



仮面ライダードライブ 第10話「ベルトの過去になにがあったのか」の感想です。





ハート様がカッコよすぎるぅぅぅぅー!!!

20141214102.jpg
20141214104.jpg
20141214105.jpg
20141214106.jpg



ドライブの攻撃も意に介さず、制御不能のパワーアップ:デッドゾーン(見た目が界王拳)でドライブを圧倒するハート様。いやー、いいですね。敵幹部、特に赤いやつはやっぱこうでないと。しかも他のロイミュードを「友達」と呼び、「友達」を殺すドライブに対して怒りを爆発させ、ドライブを倒すためなら自らの命すらかけてみせるハートは良くも悪くも情熱的、ハートフルな奴ということなんでしょうか。敵に回したら最悪に面倒なタイプですが、一方でただの絶対悪ではない人間臭さを持ってるところがまた魅力です。

そんなハートとの激闘の一方で、ベルトさんの過去という重要な伏線がついに明らかになったわけですが、結論からいうとベルトさん(スタインベルト博士)とその親友がロイミュードを生み出したそうで、やっぱオマエラが全ての元凶じゃないかいい加減にしろ。そうしてできあがったロイミュードが案の定人間に反乱を起こし、結局スタインベルト博士も親友もハートに殺されちゃったのでした。つまり今の戦いはスタインベルト博士の罪滅ぼしだったわけですね。しかしスタインベルト博士は殺される前に自らの意識を今のベルトにインストールしてたので無事だったのさ、とサラリと語っておられましたが、いやそっちの方がロイミュードよりもはるかにすげえテクノロジーだと思うんですがそれは。

20141214108.jpg
20141214109.jpg



そういえば前回死んだはずのボルト・ロイミュードも、未だ意識だけが生き残ってるっぽい感じで霧子ちゃんを怖がらせておりましたが、ボルトもまたベルトさんのように自分の意識を電気の形で残してたりするんでしょうか。そういえば未だ回想シーンでも姿を見せない、ベルトさんの親友だった博士のことも気になりますね。その博士もベルトさんと同様に意識だけ生きていて、裏でロイミュードを操ってたりして・・・・。

20141214110.jpg



「図書館では静かにするのが人間のルールだろ?」と進ノ介に注意したり、ドライブと戦ってるのがオレの存在理由だ!なんて言い出したり、だんだん自分が悪者でいることに限界を感じてきてる感じのチェイスさん。もうそんな無理せんでも、素直に2号ライダーになればいいんやで・・・(慈愛)  スタインベルト博士を襲ったロイミュードは3人いたようですが、そのうち2人はハートとブレンで確定として、残りの1人は誰なんでしょうね。やっぱりチェイスは変身するのにドライバーを必要とする時点で、明らかにロイミュードとは違う存在なわけだし。その最後の1人が、次回に登場するという噂の女性型ロイミュードなんでしょうか。気になる。

20141214107.jpg



冒頭で久々に登場した霧子ちゃんの秘密手帳。進ノ介の誕生日の次のページに、なぜ進ノ介のスリーサイズが明記されてるんですかねえ・・・・・よくわからんが、とりあえず進ノ介、爆発しろ(嫉妬)

20141214111.jpg



関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

どうせドライブにもう1要素増えるとあっさり圧倒しちゃうんでしょぉぉぉぉぉ!?
なんてヒネた見方をしてしまう自分

Re: タイトルなし 

>雅趣さん

まあそれが仮面ライダーですから(笑) 
でもロイミュードは日々進化してるようですし、ハートには最後までドライブを苦しめて欲しいなー。

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/997-04ba5409
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。